マーケティング全般

メールマーケティングとは|BtoB企業のマーケター必見!

メールマーケティングとは、メールを活用したマーケティング、つまり「メールを活用した『売れる仕組み』」のことです。

メールで興味づけをして、理解納得をしてもらい、商品を買いたいと思ってもらう流れを作ることが「メールマーケティング」です。

特に、BtoB企業ではマーケティングの中心にある施策だと言っても過言ではありません。

BtoB企業…一般人ではなく企業に対して商品を販売するビジネスをしている企業

メールはマーケティングに使える武器の中でも強力なのですが、いまいちうまく使えている企業が少ないイメージです。

今回は、メールマーケティングのメリットとメールマーケティングの極意についてお伝えします。

メールマーケティング3つのメリット

BtoB企業がメールマーケティングをやるメリットは3つあります。

メールマーケティング3つのメリット

  1. ターゲットがメールをチェックする習慣がある
  2. ターゲットのメールアドレスを取得しやすい
  3. ターゲットが情報を欲している

それぞれ解説していきます。

メールマーケティングのメリット① ターゲットがメールをチェックする習慣がある

一般消費者へ直接販売するBtoC企業の場合、メールが日常的なコミュニケーションツールではなくなっています。

友達とメールでやりとりしている人ってほぼいないですよね。

なので、Eメールには基本的に企業からのメールが届きます。

積極的に企業の情報が欲しいと思っている人は少ないので、基本的に届けた情報は見られにくい状況があります。

ですが、BtoB企業ではメールが業務のコミュニケーションツールとしてベースにあります。

特定のメンバー間においてはチャットが徐々に主流になってきてはいますが、社外の人とのやりとりなどでメールはまだまだ利用しているという人が多いのではないでしょうか。

IT化が遅れている多くの企業では、まだまだメールがコミュニケーションツールです。

なので、商品を売りたい相手に確実に情報を届けられるのが、メールマーケティング1つ目のメリットです。

メールマーケティングのメリット② ターゲットのメールアドレスを取得しやすい

次に、メールの送信先の情報を手に入れやすいというメリットがあります。

メールの送信先のことを「リスト」と呼びます。

リストが無ければメールマーケティングは始められません。

ですが、BtoBビジネスの場合はリストの獲得が比較的簡単です。

名刺を見れば、そこにメールアドレスは必ず書いてあります。

企業間の取引をする時、お互いの情報交換から始まるので、ターゲットに会えればメールの送り先情報がGETできてしまいます。

社員全員が持っている名刺をかき集めるだけで、相当数のリストが集まる企業は多いです。

最近では、個人個人が管理するのではなく、名刺情報を一元管理する仕組みを導入する企業も増えています。

SanSanとかが有名ですね。

ツールの活用によって、さらにメールマーケティングの要であるターゲットリストを集めやすくなります。

メールマーケティングのメリット③ ターゲットが情報を欲している

メールはメールアドレスを教えた相手からしか届かないので、広告とはまた違った反応になります。

仕事で使っているメールアドレスに、他の企業からメールが届くことは日常的なことなので、違和感なく受け取ってもらえます。

逆に、届きすぎて違和感なくスルーもされます。

ですが、基本的には「何か役に立つ情報はないかな?」と思って、見るか見ないかは判断してもらえます。

仕事と全く関係のない相手に名刺を渡すこともなければ、メールアドレスを登録したりすることも無いはずです。

なので、あなたがターゲットのメールアドレスを手に入れた時、その相手は役に立つ情報を欲していると言えます。

つまり、あなたがメールを送る相手は、あなたから届く情報を受け取る準備ができていると考えられます。

基本スルーされる広告とは違って、メールは情報を届けやすい手段だと分かると思います。

 

メールマーケティングで失敗している企業の特徴

見込み客や顧客に向けてメールで情報発信をしているBtoB企業は多いですが、うまく使えている企業はあまりいません。

あなたもいろんな企業からメールを受け取っていると思いますが、ほとんどのメールをゴミのように扱っていると思います。

例えば

  • ひたすら自社製品の紹介
  • 社内の行事の共有
  • 興味のないイベントの案内

など。

自分の受信BOXを見ていると「なんでこんなメール送ってくるんだろう」と思うのに、自分がやる側になったらゴミのようなメールを送ってしまっているマーケターは少なくありません。

このやっちまった状況にならないようにするために、覚えておいていただきたい考え方があるのでお話ししておきます。

はむ師匠
メールマーケティングの極意を伝えるね〜

メールマーケティングを成功させるための1つの考え方

メールマーケティングを成功させるために、覚えておいていただきたいことは1つだけです。

それは、「コンテンツを届ける」ということです。

コンテンツとは、役に立つ情報の中身のことです。

自分たちが伝えたいことではなく、ターゲットの役に立つことを届けるのが大切です。

なぜなら、ターゲットは自分の役に立つと思ったから、あなたやあなたの会社の誰かと会っていたり、何かの情報を手に入れるためにメールアドレスの登録をしたからです。

ターゲットには解決したい課題があり、そのための解決策を知っているかもしれない相手として、あなたやあなたの会社が選ばれたのです。

なので、相手の課題解決の手助けになるような情報を届けることで、あなたのビジネスに興味を持ち、より詳しく知りたいと思い、商品の購入を検討しようとしてくれます。

メールマーケティングの極意は「何かを売るのではなく、相手の役に立つ情報を届けること」です。

 

メールマーケティングとは|BtoB企業のマーケター必見! まとめ

メールマーケティングとは、メールを活用したマーケティングのことです。

ターゲットの興味をひき、理解納得を手に入れ、商品の購入を検討してもらう流れをメールを利用して作ることです。

メールマーケティング3つのメリット

  1. ターゲットがメールをチェックする習慣がある
  2. ターゲットのメールアドレスを取得しやすい
  3. ターゲットが情報を欲している

ターゲットが情報を受け取る準備ができていることが最大のメリットです。

その相手に私たちマーケターがすべきことは、コンテンツを届けることです。

コンテンツとは役に立つ情報の中身のことで、ターゲットが求めている情報です。

コンテンツをメールで届けることが、メールマーケティング成功の極意です。

はむ師匠
メールは売るために送るんじゃないよ〜

メールマーケティングの実践方法については、こちらの記事で詳しく解説しているのでチェックしてみてください⬇︎

 

  • この記事を書いた人
はむ師匠

はむ師匠

マーケティングの力でハッピーになれる人を増やすために、マーケティングの知識を発信しているマーケティン熊。 「マーケティングを使える人が増えれば、今よりも世の中は良くなる!」と信じて、大企業からスタートアップ企業まで、今まで100社以上のマーケターにマーケティングの使い方を指導してきている。

-マーケティング全般
-, ,

© 2021 マーケティング道場|初心者→プロへの道